2017年07月30日

ワンダーフェスティバル2017夏終了 お疲れ様でした。

暑い上天候も悪い中みなさまお疲れ様でした。
たまには当日中に感想を書いてみる。

本日は当ディーラーにお越し頂き、商品をご購入頂き、また写真を撮っていただきありがとうございました。
小梅ちゃん、ツイッターで僕の感覚的にはすごい伸びていたのですが、結構な割合で海外の方がリツイートしていたので、実際の購入具合はどうだろうと心配していたのですが、心配など杞憂で30分程で完売させて頂きました。
ありがとうございます。
また、今回ユッコの原型展示を行ったのですが、ツイッターでユッコPに反応して頂けた他、会場でも販売予定を聞いていただけたり等、割と個人的に嬉しい流れになっているので、次回ユッコの販売に向けてがんばろうと思います。業者複製の予定なので塗装見本はともかく基本的に頑張るのは複製業者さんですが、、、

ついでにツイッターに書きづらい反省も書いておきます。
僕がここ最近ワンフェス用で作るものは基本的に元絵があるものなので、元絵と同じ角度で見たらそれなりに見えるものに出来ているつもりなのですが、問題は他の角度から見たときで、基本的にかなりイマイチな状態になっていると思っています。リゼ辺りから気づいていたものの今ださして改善できずです。
立体物なのだから決まった角度以外からもちゃんとした見た目にしたいのだけれど、現状改善できていない状況です。
これがなんとか出来たら一皮剥ける気がするんですがどうしたもんだろ。

とりあえず次は、小梅ちゃんの再販、ユッコの初販、新規原型展示の予定です。新規は現状、ドーナツ法子かまつり姫が気になっていますが、さてどうしようかな。

ではまた冬に。

IMG_1859.JPG


一応小梅ちゃんのインストも貼っておきます。
setsumei_koume.jpg
posted by 縦横 at 21:14| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

ワンダーフェスティバル2017夏 告知



↑↑↑






雑な告知😃
宜しくお願い致します。

posted by 縦横 at 11:14| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

ワンフェス2017冬終了 お疲れ様でした。

お疲れ様でした。
今回も写真いっぱい撮っていただけました。有難い。

半年振り通算3回目、2回連続の遅刻&販売物無しでした。
反省するって難しい、、、

今回作成した4thアニバの小梅ちゃんは、細々こうすれば良かったはあるものの、
割と造詣的には気に入ってるので、次回再販で販売出来たらと思っとります。

一先ずもう自家複製はしたくない。
なんだかんだで歳納京子から数えて今回までで5体自家複製してきたものの、
どうにも成功率が低く、また休日丸1日使って複製できるのが良くて4セットとかなので、
何でも自分でやりたい気質とはいえちょっともうやりたくない。シリコン見たくない。
次回に向けて業者複製を調べてみます。まあ無難にベルグさんに頼むような気がするけども。

モデリングに関してはようやくZBrushが理解できてきた感じで、今までやれてなかったモールドを彫ったり、
MAXで作ろうと思ったら数時間から数日かかるような形状をZBrushで数十分で作れたりと、
数年ぶりに成長した感じでなかなか楽しいです。ZBrush買ったの大分前なはずなのだけど今まで何してきたんだか、、、
4th小梅ちゃんの袖先の半円が連なったようなシルエットとか、スカートのレース部分とか、
ポリゴンモデリングでやろうとしたら地味にメンドクサイやつがかなり楽になったので、
今後はちょっと凝ったことがやれそうな気がします。
何だかんだやっぱりZBrushに関しては榊さんの本が非常に解り易くて良いです。おすすめ。
ZBrushフィギュア制作の教科書

塗装に関して、せっかくDVDで勉強したものの、実製作がイベント前日に慌てて塗るって状況だったので、真っ当な成長は特に無く。
ただ、追い詰められた結果エアブラシでは無く筆塗りで何とかする方法を身につけたので、今後も切羽詰っても安心安心。

次回は、4th小梅ちゃんの再販と、新作は展示のみで何か出せたらな感じです。
新作は恐らくまたデレマスになるかなと。サイキックかな?アンダーザデスクの誰かかな?誰にしよっかなー

撮っていただいた写真見つけました。
BABEL:ワンダーフェスティバル2017冬 フォトレポート ディーラー編
中程にあります。ポリゴノイズの方です。

実物の方は色々直してから写真撮るので、とりあえず3Dの方の小梅ちゃん貼っときます。

4thKoumechang_Max.jpg

4thKoumechang_ZB.jpg


ではまた夏に。
posted by 縦横 at 07:08| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

ワンフェス告知。

ワンフェス告知。

ワンフェス2017冬は
新作
1/7 アイドルマスター シンデレラガールズ(白坂小梅)
を展示します。
販売分の複製が間に合わなかったので展示のみとなります。
宜しくお願い致します。
posted by 縦横 at 21:47| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

大理石風台座

台座を作成。

160904_daiza.jpg


蛇紋塗装ってのを試してみた。
http://yatanet.cocolog-nifty.com/yatalog/2013/02/post-4d66.html
↑参考にした記事。
真綿(蚕のやつ)をダンボールで作った雑な枠に掛けてスーパークリアを吹いて伸ばし伸ばし。
記事だと安価なラッカークリアと書いてあるのだけれど、大して使わないのに別の素材を買い足すのは嫌だったので、手持ちのスーパークリアを使用。ただ、失敗したり使っているうちにボロボロになったりで結局複数枚作成して、思ったよりクリアを使用したので、安いの買っておいた方がよかったかもしれない。

失敗しつつ何回かやり直した結果、極力薄くするのがコツだとわかった。厚いとぼやけて模様がうまく出ない。設置する際も浮いてしまうとぼやけるので、極力浮かないように引っ張ったりして塗装面にぴったり付くようにすると綺麗に出るっぽい。

マスキングは、カットするガイド用に模様をラベルシールに印刷して、マスキングシートの台紙側に貼ってデザインナイフでカットして貼り付け。

茶色いとこは最初とは逆で、白を残すように茶色で蛇紋塗装をして、マスキングを剥がした後にクリアカラーで黄色を足して終わり。

大きな失敗は無かったものの色がイマイチ納得いってないので、もう一個別のを試しに作ってみるつもり。


9/6
160906_daiza.jpg

色別パターン。
本来は黄色と橙の床なんだけどこっちの方がかっこいいかな。とりあえず台座は完成。

モデリングを開始する。

ラベル:フィギュア
posted by 縦横 at 15:31| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

1/8 小梅ちゃん@けじめった

小梅ちゃん組み直し版完成。

160819_koumeA.jpg 160819_koumeB.jpg


けじめをつけた。

すぐには再現出来なかったものののレプリカントEX vol.3付属のDVDはとても勉強になった。
次あたり塗装は多少進歩できる気がする。

それとホワイトサーフェイサーの必要性を理解。
サフの癖に妙に隠ぺい力低いなぁと思っていたのだけれど、ホワイトサフはサフレスを再現するためのサフって感じで、
吹いても光をあまり遮断せずに透過するからサフレスに近い見た目を維持できるっぽい。
白いから表面の状態を確認しにくいのは変わらないけど、傷埋め自体は有用だから、
今後明るいパーツはホワイトサフを使うことにする。
あと前回WF展示した小梅ちゃんはグレーサフ→ベースホワイトで塗装したのだけど、今回塗装したのと見比べたら、
あきらかに前回の方が全体的に彩度が下がってくすんでしまっていて、あまり綺麗ではなかったので、
明るいパーツはサフレスかホワイトサフ必須だと理解。

リュックの格子柄はマスキングで塗装。
バッジはwaveのHアイズがサイズ・形状共に丁度よかったのでそれで。

撮影ブースも多少試行錯誤してみた。
グラデーションペーパー使ってみようと思ってググッたら、コンビニのA3プリントで作る方法が載ってたので、
試しにそれでプリントして置いてみた。普通紙プリントなので黒のほうはちょっと汚い感じになってしまったけど、
なんかそれっぽくなったのでOK。
それとライトも、今まではディフューザー用のマルチパネルに直置きしてたのを少し離して配置して、
光の拡散度合いを上げてみた他、3Dモデルのライティング時には必ずといっていいほどやっていた、
斜め後方からのリム用のライトも配置してみた。
まだ納得はいってないけど、多少の進歩はあったので今回はこれで。

組み直したものの、やっぱり造形的にもキット的にもイマイチなので、この小梅ちゃんはお蔵入り。

さて、次回用のモデリングを開始する。次も小梅ちゃん!

posted by 縦横 at 16:44| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

デコパージュ

160813_deco.jpg


デコパージュを塗装してみた。
ケイホビー流デコパージュ台の仕上げ方
↑のやり方そのまま。
左上はクリアブラウンのみ。右下クリアブラウンにクリアレッドとクリアブラックを足したの。左下がクリアブラック多目。右上は溶きパテ塗ってやすった状態。
一応クリア乾燥後に#800でやすってコンパウンドも掛けたけど、元々のやすりが足りなかったようで鏡面とはいかず。多少曇ってるのも悪くないのでこのまま。

デコパージュは今までは東急ハンズで買ってたのだけど、ハンズのは小さいサイズのは普通なんだけど、
15cm以上のは変に厚みがあって飾り部分も簡素でなんかイマイチ。
で、たまたまAmazonにあった川合木工所のを買ったら、こっちの方が見た目が良かったので、
でかいサイズのは川合木工所のを使う事にする。画像のでかいの2つが川合木工所の。ハンズのはポイーで。

レプリカントEX vol.3付属のDVDで塗装を一から再勉強中。知らないこといっぱいだ。

小梅ちゃんのけじめ終わったらまたモデリング始める。

ラベル:フィギュア
posted by 縦横 at 12:33| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

1/8 小梅ちゃん@けじめ中

けじめる為に再度組み直しちう。
無駄な時間な気がしないでもないけど。まあ練習練習。

160802_koume.jpg


展示したのではやれて無かったけど、入れ忘れたりヤスリ取っちゃったりしてたチョーカーと懐中電灯のリベットを
waveのリベットパーツを貼り付けて戻してみた。
サイズが合うなら、出力ではまっさらにしておいて後付けの方が楽かも。

あとは前に買ってよくわからずに使ってなかったホワイトサーフェイサーを使ってみたり。
まだよく解らない。グレーサフとはヤスった感じがなんか違うのでちょっとまだ信用できない。
白いパーツはサフレスかグレーサフ→ベースホワイトでいいような気もする。

格子柄が塗り難いのでリュックのバッジはリューターでごっそり削ってまっさらに。
ちょうど良いサイズのパーツを探すかエポパテで作って後付けにする。

けじめけじめ。



posted by 縦横 at 09:25| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

ワンフェス2016夏終了 お疲れ様でした

お疲れ様でした。
ブースに来て頂いた方々ありがとうございましたm(_ _)m

1年半ぶり2度目の遅刻と、他もろもろグダグダでした。
反省!猛反省!!

今回展示したアレな小梅ちゃんは、修正して次回以降に出そうかと思ったものの、
出力からやり直し必須なので、直すか別の小梅ちゃんを一から作るか、それとも別のを作るか考え中なり。

そもそも今回の小梅ちゃんでやりたかったのは、懐中電灯にLEDのミライトを仕込んだり、
墓とクリアパーツの霊魂を置いたりしてヴィネット的なのをやりたかった気がするのだけれど、
まあグダグダで何も出来ず、、ヴィネットはまだ早かった気がするので、
まだ今後はキャラクターの方に注力しようかと。

気づいた事として、1/8サイズは普段アナログでものを作らない身としては
パーツが小さくて作業し辛いうえ、展示時に大きいほうが見栄えがするので、
今後は基本1/7サイズで作っていく方針にしようかと。
((そもそも前に歳納京子を作ったときに、小さめだと作業しづらい事を知って
シャロリゼは1/8で申請したものの若干大きめに作った上、
元々ごちうさは頭身が低いので同じ全高でも大きめになるので、
実際は1/7くらいのサイズだったりする気がするような。
というかスケールフィギュアってのが良く解ってなかったのでグダグダグダ、、、))
もあるので今後は全高20cm以上でやっていきます。

あとシャロリゼちゃんが割りと良い感じに出来てしまった感あるので忘れていたのですが、
私、塗装技術まだまだ素人だった。学びなおします。

供養として3D小梅ちゃん載せときます。
販売とは関係無しにもう一度完成品は作り直すから許してね、小梅ちゃん。あと、ハウンターって映画が割りと面白かったよ。小梅ちゃん。
160725_koume.jpg


ではまた冬に。







posted by 縦横 at 01:21| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

1/8レジンキット 天々座 理世 桐間 紗路 の説明書の不備につきまして

ワンダーフェスティバル2016冬におきまして販売致しましたリゼとシャロのレジンキットにつきまして、
説明書がリゼとシャロで逆になっているキットがある可能性がございます。
取り急ぎ説明書の画像をこちらに公開しておきます。パーツチェックの際ご活用下さい。
不備、大変申し訳ありません。

またパーツの不備や、気泡等でパーツを交換して欲しい、小さいパーツを見失ったなど、可能な限り対応いたしますので御連絡下さい。

以下、説明書。
○リゼ
setsumei_rize.jpg

○シャロ
setsumei_syaro.jpg
ラベル:wf2016w
posted by 縦横 at 16:12| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする