2011年01月29日

モーション練習 続き

110128b.jpg

[肩乗せ]

 ゴブリンを追加して、2キャラにモーションを付ける練習。基本的には前回やったことを2キャラ分やっただけ。
 ただ今回は、リンクコンストレイントで繋ぐ先が別キャラのボーンなので、若干融通が利かなかったり、後から調整がし辛かったりして、ちょっと面倒だった。
110128d.jpg

 手に乗っている時は、直接ゴブリンの手のボーンにリンクしているのだけれど、肩に乗っている時は、直接繋いでしまうと、ゴブリンが起き上がったときに女キャラが後ろに傾いてしまって調整が面倒なので、座った女キャラの腰に位置合わせしたスプラインをゴブリンに親子付けして、そのスプラインにリンクすることで、女キャラの向きを調整しやすくした。


 それとふと気になって、動画の圧縮についていろいろ調べてみた。
 以前にも何度か挑戦して、XvidやDivXでエンコードを試したのだけれど、↓画像の右側のように彩度が低く微妙に明るい感じになってしまって、どうにもうまくいかなかった。
110128c.jpg
左は無圧縮avi。右はXvidでエンコードしたものをWMPで再生したもの。

 で、今回はmp4のH.264でエンコードを試してみた。
 ググッたらニコ動の投稿用の解説で詳しく説明されていたので、それをそのまま試してみることにした。

ニコニコ動画まとめwiki AviUtlを使ったMP4 (H.264) エンコード
http://nicowiki.com/aviutl_h264.html

 まず、書かれている通りにエンコードしてメディアプレイヤークラシックで再生してみたのだけれど、劣化云々以前にまともに再生されなくて、コマ落ちのような状態にブロックノイズのようなものが出まくりで完全に失敗。一応VLCメディアプレイヤーでも再生してみたけれど、大体同じような状態。
 で、いろいろ設定を変えてエンコードし直してみたのだけれど、さして状況が変わらず、どうしたものかと思っていたのだけれど、↑のリンク先に書かれているFlavieってプレイヤーで再生してみたら全く問題なく再生されて、結局エンコードに失敗していたのでは無く、コーデックやプレイヤーが古かったのが問題だったらしい。
 ffdshowとついでにVLCプレイヤーも最新版にしたら、どちらもコマ落ちやノイズが出るって状態は改善できた。
 ただ、そのままだとXvidのときと同様色味がおかしいままなのだけれど、再生側の設定をいろいろ弄ったら、これも改善できた。変なフィルターがかかっているせいかと思ったけれど、YUVとRGBの変換にうまくいっていなかったらしい。
110128g.jpg110128f.jpg
 左はffdshowの設定。YUVのチェックを外したら色味がおかしくなるのが直った。右はVLCプレイヤー。こっちはハードウェアによるYUV->RGB変換を使用のチェックを外す。
 この設定を弄ったらXvidの方も正しく再生されるようになったので、結局Xvidの方もエンコードは成功していたことが解った。
110128e.jpg
 左は無圧縮avi。右はmp4(H.264)をメディアプレイヤークラシックで再生したもの。
 若干圧縮したほうが細かいとこがぼやけているけれど、パッと見さして違いが無く圧縮できている。

 
タグ:3DCG
posted by 縦横 at 10:52| Comment(0) | 女剣士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。