2010年11月12日

背景作成 その1

101112a.jpg

 今までまともに背景物を作ったことがほとんどないので、作り始める前にいろいろ試し中。

 まずはチュートリアルのライトとレンダリングの項目をやっていなかったので、それをやっておいた。とりあえず基本的な使い方は理解。エリアライトとかいままで適当に使っていたけれど、パラメータを一切理解できていなかったことに気づいた。

 で、適当にラジオシティを使って作ってみたのが↑。まだまだ全然使いこなせん。
 ただ、ラジオシティとかGIとかを使うかは今のところわからない。最終的にはライトの要素の大半はテクスチャとして書き出すことになると思うのだけれど、どういった形がいいかはいろいろ試しつつ探ろうと思う。

 
 それと、2つほど気になったものを作ってみる。

 1つ目は左の炎。
 http://www.3dtotal.com/team/Tutorials_3/particle_blazing_fire/blazing_fire_01.asp
 ↑のチュートリアルを参考にまず作ったのだけれど、自分が作りたかったのとちょっと違うので、細々設定を変えてみた。
101112b.jpg

 まず、チュートリアルだとパーティクルのサイズの設定で先細りの形状にしているのだけれど、それだけだとちょっときついので、エミッタの上に、強度をマイナスに設定した風スペースワープを作ってバインドして、位置も真ん中に集まるように変更。それと、色はパーティクルエイジで設定した。他、細々レンダリングしつつ調整。
 割とこんなもんかなってくらいには出来たのだけれど、このままだと背景を黒以外にしたときに結構しょぼくなる。加算にしてみたら良くなるかと思ったけれど、メッシュが複数枚重なるせいか色が飽和しすぎてしまっていまいち。とりあえずはこの状態で放置。

 右は、カメラとの角度によって明るくなる地面。
101112c.jpg

 板ポリを高さのみずらして重ねて、上側の板ポリのテクスチャをフォトショの覆い焼きで明るめにしておく。
 で、上側のマテリアルを加算に設定して、不透明度にフォールオフを入れて、カメラとの角度によって不透明度が0〜50くらいになるようにミキシング曲線を調整。で終わり。上に重ねる方のテクスチャは、単色をぼかしたようなのでも良かったかもしれない。
タグ:3DCG
posted by 縦横 at 05:24| Comment(0) | 背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。