2016年08月20日

1/8 小梅ちゃん@けじめった

小梅ちゃん組み直し版完成。

160819_koumeA.jpg 160819_koumeB.jpg


けじめをつけた。

すぐには再現出来なかったものののレプリカントEX vol.3付属のDVDはとても勉強になった。
次あたり塗装は多少進歩できる気がする。

それとホワイトサーフェイサーの必要性を理解。
サフの癖に妙に隠ぺい力低いなぁと思っていたのだけれど、ホワイトサフはサフレスを再現するためのサフって感じで、
吹いても光をあまり遮断せずに透過するからサフレスに近い見た目を維持できるっぽい。
白いから表面の状態を確認しにくいのは変わらないけど、傷埋め自体は有用だから、
今後明るいパーツはホワイトサフを使うことにする。
あと前回WF展示した小梅ちゃんはグレーサフ→ベースホワイトで塗装したのだけど、今回塗装したのと見比べたら、
あきらかに前回の方が全体的に彩度が下がってくすんでしまっていて、あまり綺麗ではなかったので、
明るいパーツはサフレスかホワイトサフ必須だと理解。

リュックの格子柄はマスキングで塗装。
バッジはwaveのHアイズがサイズ・形状共に丁度よかったのでそれで。

撮影ブースも多少試行錯誤してみた。
グラデーションペーパー使ってみようと思ってググッたら、コンビニのA3プリントで作る方法が載ってたので、
試しにそれでプリントして置いてみた。普通紙プリントなので黒のほうはちょっと汚い感じになってしまったけど、
なんかそれっぽくなったのでOK。
それとライトも、今まではディフューザー用のマルチパネルに直置きしてたのを少し離して配置して、
光の拡散度合いを上げてみた他、3Dモデルのライティング時には必ずといっていいほどやっていた、
斜め後方からのリム用のライトも配置してみた。
まだ納得はいってないけど、多少の進歩はあったので今回はこれで。

組み直したものの、やっぱり造形的にもキット的にもイマイチなので、この小梅ちゃんはお蔵入り。

さて、次回用のモデリングを開始する。次も小梅ちゃん!

posted by 縦横 at 16:44| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

デコパージュ

160813_deco.jpg


デコパージュを塗装してみた。
ケイホビー流デコパージュ台の仕上げ方
↑のやり方そのまま。
左上はクリアブラウンのみ。右下クリアブラウンにクリアレッドとクリアブラックを足したの。左下がクリアブラック多目。右上は溶きパテ塗ってやすった状態。
一応クリア乾燥後に#800でやすってコンパウンドも掛けたけど、元々のやすりが足りなかったようで鏡面とはいかず。多少曇ってるのも悪くないのでこのまま。

デコパージュは今までは東急ハンズで買ってたのだけど、ハンズのは小さいサイズのは普通なんだけど、
15cm以上のは変に厚みがあって飾り部分も簡素でなんかイマイチ。
で、たまたまAmazonにあった川合木工所のを買ったら、こっちの方が見た目が良かったので、
でかいサイズのは川合木工所のを使う事にする。画像のでかいの2つが川合木工所の。ハンズのはポイーで。

レプリカントEX vol.3付属のDVDで塗装を一から再勉強中。知らないこといっぱいだ。

小梅ちゃんのけじめ終わったらまたモデリング始める。

タグ:フィギュア
posted by 縦横 at 12:33| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

1/8 小梅ちゃん@けじめ中

けじめる為に再度組み直しちう。
無駄な時間な気がしないでもないけど。まあ練習練習。

160802_koume.jpg


展示したのではやれて無かったけど、入れ忘れたりヤスリ取っちゃったりしてたチョーカーと懐中電灯のリベットを
waveのリベットパーツを貼り付けて戻してみた。
サイズが合うなら、出力ではまっさらにしておいて後付けの方が楽かも。

あとは前に買ってよくわからずに使ってなかったホワイトサーフェイサーを使ってみたり。
まだよく解らない。グレーサフとはヤスった感じがなんか違うのでちょっとまだ信用できない。
白いパーツはサフレスかグレーサフ→ベースホワイトでいいような気もする。

格子柄が塗り難いのでリュックのバッジはリューターでごっそり削ってまっさらに。
ちょうど良いサイズのパーツを探すかエポパテで作って後付けにする。

けじめけじめ。



posted by 縦横 at 09:25| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする